例えば流れるように

遊びやら育児やら、日々の生活を綴っています。

一年経った玩具

 こんばんは、流手と申します。

 

 さて、スマホのアルバムを見ていますと、長男の一号機マシンのエンペラーが見出しに表示されていました。どうやら完成から丁度一年経ったようなんですね。

 

 

 当時はこんなに綺麗でした。

 

 

 それが今では──

 

 

 シールは剥がれ、色褪せ、パーツは失くなり、なかなかの年期を感じさせるようになりましたが、まだまだ現役です。

 とはいえ、後に買ったスーパーⅡシャーシのほうばかり気に入っているようで、最近出番は減っていますが……というか、もう何か次男にあげるとか言い出していますけれども……

 

 やはり、親としては記念すべき一号機は思い入れもひとしお。

 

 それにしても、玩具の一年とはなかなかに感慨深いものですね。コロコロ変わるもんなぁ。

 まだ動くよ!

 

 以上。