例えば流れるように

日々の生活を綴っています。

リズム感

小説を書いていると、

すらすらと筆が進む好調なときや、全く何も思いつかない、つまりは八方塞がりのときがあります。

そもそも文の構成が思いつかない場合や、ストーリーに対する迷いがあるときはもちろん、私の場合は登場人物の口調がどうだったかな、と考え出すと途端に筆が止まってしまうことがあるのです。

また反対に、特に大雑把にしか構成できていない場合であっても、会話文が続くと単純に予想以上の文字数を書いていたりということも。

要はリズムに乗っているような、テンポがよい状態であるとさくさく筆が進むのです。イメージとしては、どんどんギアが上がっていく感じ。止まれば落ちる。

つまりは止まらずに書き続けることができれば、どんどん頭が回転し、いずれは新たな境地に達するのではないか。

という思い付きの話です。駄文でした。

ちなみに、そんなことってありそうでしょうか?